のんびりまーと @大田区

のんびりまーと

温もり溢れるハンドメイド雑貨店

東京都大田区にある大森駅よりバスで揺られること数分。
賑やかな駅前とは対照的に静かな"まち"へと変わる。
今回出会ったのはまさしくその周りの空気にぴったりの名前を持つ
ハンドメイドのお店
様々なハンドメイド作家さんの作品が並ぶ店内。
思わず長居したくなる空間。
まちめぐ初の飲食店以外のお店! たまにはのんびり、ほんのりしませんか?編スタート!!


のんびりまーと

オーナーの人柄が凝縮された!ハンドメイド雑貨屋!!

突然ですが、この鞄なにでできていると思いますか??
実は!ご祝儀袋などについている水引きと同じ素材で作られているんです!!

 
色変わるガラス店内

そしてこちらのガラス玉
こちらが店内で撮影したもの。

 
色変わるガラス外

そしてこちらがお店の外で撮影したもの
外で見るより店内で見た方が色が濃いですよね?!
このように店内と外とで色が変わるんです!!
そんな他のお店ではお目にかかれない物に出会えるのが
2015年5月15日にオープンしたのんびりまーと
のんびりまーとではハンドメイドの商品をメインに扱っているんです!!
なので他のは商品にたくさん出会えちゃうんです!!

 
のんびりまーと商品

一部の商品を除き、店内に飾られている雑貨はすべてハンドメイド!!

 
Elly×藏本さん

「雑貨屋さんをやりたいなと思ってネットを見ていたらハンドメイドブームがきていて、
調べていたらハンドメイドにどんどんはまっていって!ちなみにお店の名前は私自身の
性格がのんびりしてるからなんです!」
とお店開業のいきさつを話してくれたのはオーナーである藏本さん!(写真右)

 
のんびりまーと店内

明るさと優しさを持ち合わせたような雰囲気の藏本さん。
藏本さんその人柄がまさにお店の雰囲気を作りあげています。 藏本さんとお話をするためにお店を訪れてくれるお客さんも多いとの事!
中には2~3時間お話をしていく人も!!
「地域によってはみんなが集まる場所っていうのが減ってきていると
思うんです。だからのんびりまーとがそういう場所になればいいなって」

 
のんびりまーと店内

人と人、人と物との一期一会

ハンドメイド作家さんとの出会いは様々で、
東京に遊びにきている時たまたまのんびりまーとに
立ち寄りそれが縁でお店に商品を置く事になった作家さんも!!

 
のんびりまーと店内

ハンドメイド作家さんから届く宝箱

発注の際は「あれを送ってください」といった形ではなく、
ハンドメイド作家さんが作ったものをランダムで送っていただくとの事!
段ボール箱いっぱいに送られてくる商品。
「何が届くかわからないから開ける時のワクワク感がたまらない!」だそうです!!
ガチャガチャが好きな筆者もその気持ちはなんだかわかります!!
時にはお店に来てる常連さんと胸をワクワクさせ段ボールを開くそう。
ハンドメイド作家さんから届く段ボールはまさに藏本さんにとって宝箱なんです!

 
日焼け止め

ハンドメイド作品の他にも虫除けの効果もある日焼け止めや

 
生せっけん

"泡をつけて1秒で幸せになれる"なんてコピーのついている生せっけん!
生せっけんの感想はコチラ!
生せっけんを実際に使ってみてもらいました編

 
エチオピアコーヒー豆

そしてエチオピアコーヒー豆まで!!
様々な商品が並んでいます!!

 
オーダーメイドネックレス

目指すはハンドメイドフェス

まちめぐ取材日も丁寧に色々と商品について説明していただき、 "ハンドメイドもそうだけど人が好きなんだな"
というのがひしひしと伝わってきました!!
最後に今後の目標を聞くと、、、 「来年あたりデザインフェスタのようなものを蒲田で開催したいんです! ハンドメイド作家さんを50人ぐらい集めて!」
と、明るさは勿論暖かさを感じる笑顔で目標を話してくれた藏本さん!
その日、その時、その瞬間の出会い。
同じ物が1つもないハンドメイドフェスの開催を
まちめぐも楽しみにしております!!

今回の教訓

  • ハンドメイドの世界は深く暖かい!

今回のお店
【のんびりまーと】
住所:143-0024 東京都大田区中央4-36-1
11:00~18:00 or 14:00~18:00
定休日:日曜日
電話番号:080-5296-2006

のんびりまーと店舗ページ


読まれている記事

ふとっぱらや
@錦糸町 後編

2016/3/11

バルデピラータス
@本郷三丁目

2016/3/21/

赤坂元気(仮)
@赤坂

2016/3/14