twitter instagram

【2021.2.7】アルバルク東京 2020-2021シーズン第20節【勝手に応援】

アルバルク東京
アルバルク東京 勝手に応援

前日、苦しみながらも信州ブレイブウォリアーズに勝利したアルバルク東京。
今日も勝って連勝を伸ばせるか。

負けられない戦いは続く!
さぁ、TIP OFF!

スターティング5

アルバルク東京
  • #1 小島 元基
  • #13 菊地 祥平
  • #15 竹内 譲次
  • #24 田中 大貴
  • #53 アレックス・カーク
信州ブレイブウォリアーズ
  • #8 西山 達哉
  • #19 大崎 裕太
  • #31 三ツ井 利也
  • #50 ウェイン・マーシャル
  • #55 アンソニー・マクヘンリー


スポンサーリンク



粘る信州ブレイブウォリアーズを振り切り勝利!

アルバルク東京 VS 信州ブレイブウォリアーズ
アルバルク東京 信州ブレイブウォリアーズ
TOTAL

77

WIN!!!

68

1Q

26

怒涛の7連続得点!

12

2Q

12(38)

信州が追い上げる!

20(32)

3Q

21(59)

優位に試合を進める!

14(46)

4Q

18(77)

信州を振り切り勝利!

22(68)

第1Q、中盤までは信州にリードを許す展開だったが、アレックス・カーク選手の3Pで逆転するとそこから怒涛の7連続得点でリードを広げる。
その後も得点を重ねて14点差をつけて第1Q終了。

第2Q、信州ブレイブウォリアーズが追い上げを見せる。
ウェイン・マーシャル選手、ジョシュ・ホーキンソン選手などの得点により第2Q開始時に14点あった点差が第2Q終了時には6点差にまで縮まる。

嫌な流れを断ち切りたいアルバルク東京。
第3Q、アレックス・カーク選手のフリースロー(2本)、ジャンプショットや小島 元基選手の連続得点で差を広げると小島 元基選手が2本の3Pを決めるなどし主導権を渡さない!

第4Q、信州ブレイブウォリアーズが立ち上がりから連続得点。
その後、アルバルク東京が点を返すとまたしても信州ブレイブウォリアーズが連続得点とまたしても粘りを見せる!
しかし!アレックス・カーク選手、田中 大貴選手が3Pを沈め主導権を渡さない。
その後も粘る信州ブレイブウォリアーズを振り切りアルバルク東京が3連勝を飾った!

次節は2月10日(水)千葉ジェッツ戦!

見事3連勝を飾ったアルバルク東京。
直近9試合で7勝2敗と好調を維持しています!

次なる相手は東地区2位の強敵千葉ジェッツ!
上位との勝負。正に負けられない戦い。
好調具合をいかんなく発揮し勝利を!!



スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました