不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.2.27】アルバルク東京 2020-2021シーズン第24節【勝手に応援】

シーホース三河との2連戦を1勝1敗で終えたアルバルク東京。
東地区上位を目指す上では1勝1敗ではなく連勝連勝でいきたいところ。

今節も西地区の強豪名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの対戦。
強敵との戦いが続くがそこに勝ってこそ!!

大事に大事なGAME1
さぁ、TIP OFF!

スターティング5

アルバルク東京
  • #0 デション・トーマス
  • #1 小島 元基
  • #5 ケビン・ジョーンズ
  • #13 菊地 祥平
  • #24 田中 大貴
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
  • #2 齋藤 拓実
  • #4 ジェフ・エアーズ
  • #10 レオ・ライオンズ
  • #12 中東 泰斗
  • #32 狩野 祐介




延長戦の末、アルバルク東京敗れる・・・

アルバルク東京 VS 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
アルバルク東京 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
TOTAL

95

LOSE…

100

1Q

17

ダイヤモンドドルフィンズがリード

26

2Q

27(44)

アルバルク東京が巻き返す!

14(38)

3Q

18(64)

リードし第4Qへ

20(58)

4Q

23(87)

両者譲らず延長戦へ

29(87)

EX1

8(95)

一歩及ばず敗戦

13(100)

第1Q、試合開始からペースは名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。
立て続けにシュートを決め開始4分でアルバルク東京は2-14と12点差をつけられてしまう。
そこから連続得点で差をつめるものの9点差で第1Qを終える。

第2Q、小酒部 泰暉選手のフリースロー、3Pなど連続得点で1点差まで差をつめると小島 元基選手のフリースロー2本成功で逆転に成功。
その後、お互いに得点を重ねる展開が続くが小酒部 泰暉選手の3Pでリードを奪いそこから連続得点で名古屋ダイヤモンドドルフィンズを突き放し逆転し前半終了。

第3Q、点差を詰められる事はあってもリードはさせないアルバルク東京。
このQ、一度も相手にリードを許す事なく6点リードで第4Qへ。

第4Qへ入ってもアルバルク東京が優位に試合を進める。
しかし第4Q中盤から名古屋ダイヤモンドドルフィンズがペースを握る。
それでも追いつかれまいとアルバルク東京も得点を重ねるが残り約1分、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに逆転を許す。
しかし試合終了まで30秒。アルバルク東京がデション・トーマス選手のシュートで逆転し、田中 大貴選手のフリースローで2点リード。
が、残り10秒きったところで相手にフリースローを与えてしまいジェフ・エアーズ選手が2本のフリースローを決めて試合は延長へ。

延長開始早々にジェフ・エアーズ選手が3Pを決め名古屋ダイヤモンドドルフィンズがリードすると試合そのまま名古屋ダイヤモンドドルフィンズペースで進み試合終了。

リードしていただけになんとか勝ちを掴みたかったが惜しくも敗戦となった。

次戦は2月28日(日)名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦

延長戦突入の末惜しくも敗れたアルバルク東京。
明日も本日と同じく名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの対戦!

2連敗はなんとしても避けたい!
明日は今日のリベンジを!!

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG