不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.4.18】アルバルク東京 2020-2021シーズン第34節【勝手に応援】

前日、レバンガ北海道に辛くも勝利したアルバルク東京。
1点差ゲームを制したものの、第4Qでのレバンガ北海道の追い上げには冷や冷やしました。
今日は安心して見れるゲーム展開を、、、そして今日も勝利を!

GAME2
さぁ、TIP OFF!

スターティング5

アルバルク東京
  • #1 小島 元基
  • #5 ケビン・ジョーンズ
  • #13 菊地 祥平
  • #15 竹内 譲次
  • #75 小酒部 泰暉
レバンガ北海道
  • #7 中野 司
  • #8 多嶋 朝飛
  • #10 ファイ パプ月瑠
  • #17 山口 颯斗
  • #24 ニック・メイヨ



連日の1点差ゲームを制し、アルバルク東京連勝!

アルバルク東京 VS レバンガ北海道
アルバルク東京 レバンガ北海道
TOTAL

71

WIN!!!

70

1Q

25

9点のリード!

16

2Q

14(39)

わずかにリードし、前半終了

21(37)

3Q

14(53)

逆転を許す・・・

21(58)

4Q

18(71)

接戦を制す!!

12(70)


第1Q、アルバルク東京、ケビン・ジョーンズ選手の得点で試合が動き始める。
直後に、前日大活躍のレバンガ北海道、ニック・メイヨ選手が3Pを沈める。
そこから連続得点を許すものの、引き離される事なく、得点を決めるアルバルク東京。
徐々に試合のペースを握り、残り2分9秒、デション・トーマス選手が3Pを沈め逆転すると、そこから5連続得点をあげ9点リードで第1Qを終える。

第2Q、レバンガ北海道が徐々に点差を詰めていく。
残り2秒のところで、レバンガ北海道の多嶋 朝飛選手が3Pを決め、9点あったリードは1点に。
それでもリードした状態で前半を終える。

第3Q、ニック・メイヨ選手のフリースローを含む、3連続得点で逆転を許すと、更に点を重ねられ、レバンガ北海道がリードを広げる展開。
アルバルク東京も離されまい!と点を返していくが、要所要所で点を決められ、中々点差を縮める事ができない。
しかし、残り6分を切ったあたりで、デション・トーマス選手、ケビン・ジョーンズ選手の連続得点、須田 侑太郎選手の3Pなどで点差は1点に。
が、その後レバンガ北海道に4連続得点を許し、5点ビハインドで第4Qへ。

第4Q、アルバルク東京は4分27秒、デション・トーマス選手のフリースローで同点に追いつく。
そこからは、お互いが点を取りあう展開に。
中々点差が広がる事がなく試合が進んでいき、延長戦もみえてきたが、残り1秒。
アルバルク東京の小酒部 泰暉選手がフリースローを獲得。
1本目を沈む、アルバルク東京が1点リード!2本目は外すが小酒部 泰暉選手が、自らリバウンドでボールを奪取し、試合終了。
アルバルク東京が2試合連続の1点差勝利をおさめました!

アルバルク東京は、デション・トーマス選手が19得点を記録!
ケビン・ジョーンズ選手も16得点の活躍でした!

次節は4月21日(水)横浜ビー・コルセアーズ戦!

レバンガ北海道に連勝したアルバルク東京。
次節はホームに横浜ビー・コルセアーズを迎えての1戦。
チャンピオンシップ進出に向けて負けられない戦いが続きます!

1点差でも勝ちは勝ち。
とにかく勝つ!!そんな試合を楽しみにしています!!

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG