不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.3.21】川崎ブレイブサンダース 2020-2021シーズン第27節【勝手に応援】

前日の試合では3Pの精度を欠き、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに敗れた、川崎ブレイブサンダース。
リーグ優勝を目指す上で、連敗は許されない。
昨日の失敗を今日活かす!そんな試合を期待したいです!!

リーグ優勝目指してGAME2
いざ、TIP OFF!

スターティング5

川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #7 篠山 竜青
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #33 長谷川 技
  • #35 ジョーダン・ヒース
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
  • #2 齋藤 拓実
  • #4 ジェフ・エアーズ
  • #10 レオ・ライオンズ
  • #12 中東 泰斗
  • #32 狩野 祐介


最終Qで逆転!30勝到達!!

川崎ブレイブサンダース
VS
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
川崎ブレイブサンダース 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
TOTAL

86

WIN!!!

80

1Q

24

優位に試合を進める

15

2Q

12(36)

中盤失速するもリードし前半を終える

9(24)

3Q

22(58)

流れが一転…

30(54)

4Q

28(86)

逆転を許すも再度逆転し勝利!

26(80)

第1Q、試合は川崎ブレイブサンダース、藤井 祐眞選手の3Pでスタート。
その後、ニック・ファジーカス選手の連続得点などもあり、開始約2分50秒で8-2とする。
藤井 祐眞選手、ニック・ファジーカス選手を中心に得点を重ね、24-15で第1Qを終える。

第2Q、川崎ブレイブサンダースが連続得点で、リードを広げるスタート。
中盤互いに我慢の時間が続く。
残り4分40秒を切ったところで再度試合が動く。
名古屋ダイヤモンドドルフィンズがジェフ・エアーズ選手が2本のフリースローを決め、そこから連続得点。
しかしその後、川崎ブレイブサンダースが連続得点!
12点リードで前半を終える。

第3Q、先程の我慢の時間とは打って変わって、点の取り合いに。
互いに点をとるものの、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの安藤 周人選手と、笹山 貴哉選手にそれぞれ2本の3Pを許し、点差を詰められる。
残り24秒。ジャスティン・バーレル選手がフリースローを2本決め、点差は1点に。
しかし、残り5秒川崎ブレイブサンダースは、パブロ・アギラール選手が3Pを沈め、4点差で第4Qへ。

第4Qに入っても主導権は名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。
2分37秒のところで、中東 泰斗選手に3Pを決められ、逆転を許す。
その後お互いに得点を重ね、残り4分4秒時点で70-74と4点のビハインド。
しかし、残り3分17秒パブロ・アギラール選手が得点を決めると、そこから5連続得点!
その後ニック・ファジーカス選手のフリースローなどもあり、逃げ切り勝利!

藤井 祐眞選手が、10試合連続の2桁得点を記録!
ニック・ファジーカス選手が26得点、ジョーダン・ヒース選手が17得点の活躍でした!!
そして川崎ブレイブサンダースは、この勝利で今季4番目で30勝到達!

次節は3月24日(水)神奈川ダービー!横浜ビー・コルセアーズ戦!

名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの2戦を、1勝1敗で終えた川崎ブレイブサンダース。
勝ち数を30にのせ、3位をキープしている!
2位千葉ジェッツとの勝ち数の差は3。
そして1位宇都宮ブレックスとの差は6。
逆転優勝に向けて落とせない戦いが続きますが、全勝する気持ちで!!

今シーズン最後の神奈川ダービーとあっては尚更!落とすわけにはいかない!

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG