不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.4.17】川崎ブレイブサンダース 2020-2021シーズン第34節【勝手に応援】

前節、秋田ノーザンハピネッツとの2戦を1勝1敗で終えた、川崎ブレイブサンダース。
今節の相手は同地区2位につけている千葉ジェッツ。
1つでも上の順位を目指し!負けれない2連戦!

GAME1.
いざ、TIP OFF!

スターティング5

川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #14 辻 直人
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #33 長谷川 技
  • #34 パブロ・アギレール
千葉ジェッツ
  • #1 ジョシュ・ダンカン
  • #2 富樫 勇樹
  • #14 佐藤 卓磨
  • #22 セバスチャン・サイズ
  • #31 原 修太


千葉ジェッツに粘り勝ち!川崎ブレイブサンダースがGAME1を制す!

川崎ブレイブサンダース
VS
千葉ジェッツ
川崎ブレイブサンダース 千葉ジェッツ
TOTAL

87

WIN!!!

85

1Q

16

リードを許す展開!

19

2Q

22(38)

同点で前半終了

19(38)

3Q

27(65)

接戦が続く!!

24(62)

4Q

22(87)

リード譲らず!勝利!!

23(85)


第1Q、開始48秒、千葉ジェッツの佐藤 卓磨選手の得点で、試合が動く。
そこから少し膠着状態が続き、2分13秒、川崎ブレイブサンダース、辻 直人選手が3Pを沈める。
お互いに得点を重ねる展開が続き、第1Qは千葉ジェッツがわずかにリードし終える。

第2Q、流れを掴みたい、川崎ブレイブサンダース。
28秒、パブロ・アギレール選手が得点。そしてそこで得たフリースローを決め同点。
そこから一気に勢いにのりたいところだが、千葉ジェッツも富樫 勇樹選手の3Pですぐさま応戦。
2分55秒、千葉ジェッツは、シャノン・ショーター選手の得点から、フリースローを含む4連続得点。
23-29と差が広がる。
しかし、川崎ブレイブサンダースは辻 直人選手の2本のフリースロー、ニック・ファジーカス選手の3Pなどで点差をつめる。
残り3分13秒のところで、パブロ・アギレール選手の得点で再度、同点に。
その後、千葉ジェッツがリードする展開となるが、残り1秒のところでジョーダン・ヒース選手が3Pを沈め、同点で前半を終える。

第3Q、川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手の2本のフリースローで、同点に追いつくと、更に連続得点で44-40と逆転し、差をつける。
ここで千葉ジェッツがタイムアウト。
タイムアウトがあけた後も、先程得たリードを譲らずに試合が進む。
しかし、残り47秒、千葉ジェッツ、セバスチャン・サイズ選手がジャンプショットを沈め、62-62の同点。
しかししかし!残り30秒、川崎ブレイブサンダースはジョーダン・ヒース選手が3Pを沈め、65-62とリードし最終Qへ。

第4Q、先ほどまでと同様、お互いが点を重ねあう展開。
千葉ジェッツがリードしたかと思えば、川崎ブレイブサンダースも追いつき、逆にリードする。
正に上位対決!といった展開が続く。
お互い、絶対に負けない!という気持ちが伝わってくる。
残り、1分22秒。川崎ブレイブサンダース、藤井 祐眞選手が3Pを決め、更にフリースローを獲得。
そのフリースローを落ち着いて決め、試合終盤で大きな4点プレー!
85-80とする。
ここでつけたリードが効き、87-85で試合終了。
見事、川崎ブレイブサンダースが勝利しました!!

川崎ブレイブサンダースはジョーダン・ヒース選手が23得点の活躍!
我らが辻 直人選手も3試合ぶりの2桁得点となる16得点の活躍でした!

次戦は4月18日(日)千葉ジェッツ戦!

千葉ジェッツとの激闘を制した、川崎ブレイブサンダース。
明日も千葉ジェッツと対戦!
チャンピオンシップでも当たる可能性がある相手なので、ここで連勝し、良いイメージをつけておきたいところ。
1つでも上を目指して!!

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG