不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.4.18】川崎ブレイブサンダース 2020-2021シーズン第34節【勝手に応援】

先日、千葉ジェッツとの熱戦を制した、川崎ブレイブサンダース。
昨日の試合のような熱い1戦を期待したいところ。
続・負けられない試合!

GAME2.
いざ、TIP OFF!

スターティング5

川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #14 辻 直人
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #33 長谷川 技
  • #35 ジョーダン・ヒース
千葉ジェッツ
  • #1 ジョシュ・ダンカン
  • #2 富樫 勇樹
  • #14 佐藤 卓磨
  • #22 セバスチャン・サイズ
  • #31 原 修太


川崎ブレイブサンダースが千葉ジェッツに連勝!

川崎ブレイブサンダース
VS
千葉ジェッツ
川崎ブレイブサンダース 千葉ジェッツ
TOTAL

80

WIN!!!

73

1Q

15

昨日に続き接戦!

14

2Q

23(38)

ビハインドで前半終了

30(44)

3Q

20(58)

逆転!

11(55)

4Q

22(80)

接戦を制する!!

18(73)


第1Q、両チームとも、ファーストショットは3P。
昨日の接戦を再度予感させるかのようなスタート。
その予感通り、第1Qはお互い点を重ねる展開に。
終了間際に、川崎ブレイブサンダース、ジョーダン・ヒース選手がジャンプショットを決め、1点ながら川崎ブレイブサンダースがリードし、第1Qを終える。

第2Q、第1Qに続き接戦が繰り広げられる。
両チームとも先程より、ハイペースに得点を重ねていく。
お互いに主導権を渡さないように。
そんな試合展開が続いたが、残り1分を切ったところから、千葉ジェッツは原 修太選手、セバスチャン・サイズ選手が2本連続3P。
この得点でこのQでの得点を30得点とし、38-44と川崎ブレイブサンダースはリードを許し、前半終了。

第3Q、川崎ブレイブサンダースは、先程つけられた点差を少しずつ、詰めていく。
辻 直人選手のフリースロー、パブロ・アギレール選手のジャンプショット、ニック・ファジーカス選手の2本のフリースローと4連続得点で43-44とすると、ジョーダン・ヒース選手のレイアップで45-44と一気に逆転!
更にパブロ・アギレール選手がジャンプショットを沈め、6連続得点。
47-44とすると、その後も効率よく得点を重ねていき、一時は58-48と2桁得点差をつける。
しかし、そこから千葉ジェッツは富樫 勇樹選手の3Pから3連続得点。
58-55で最終Qへ。

第4Q、昨日に続き、最後まで熱戦が続く。
残り3分24秒の時点で69-69の同点。
ここから、川崎ブレイブサンダースが強さを見せる。
残り2分52秒、ニック・ファジーカス選手が得点し、71-69。
残り1分51秒、パブロ・アギレール選手が3Pを沈め、74-69。
残り1分30秒、辻 直人選手が2本のフリースローを決め、76-69。
この連続得点が効き、80-73で試合終了。
強敵、千葉ジェッツに見事!連勝を飾りました。

川崎ブレイブサンダースは、パブロ・アギレール選手が24得点の活躍でした!

次節は4月24日(土)宇都宮ブレックス戦!

千葉ジェッツとのGAME1、GAME2を共に勝利で飾った、川崎ブレイブサンダース。
次節は東地区優勝が決まった宇都宮ブレックス。
東地区優勝は決まったが、シーズンはまだ終わっていない。
チャンピオンシップ進出に向けて、そして進出し、宇都宮ブレックスとあたった時、苦手意識を持たないように!
シーズンが終わるまで、勝ち続け勢いをつけてチャンピオンシップに挑めるように!
今節のような熱い、熱い試合を期待しています!

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG