不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.4.24/25】川崎ブレイブサンダース 2020-2021シーズン第35節【勝手に応援】


川崎ブレイブサンダース VS 宇都宮ブレックス GAME1

前節、千葉ジェッツに見事!連勝した川崎ブレイブサンダース。
今節の相手は前節、東地区優勝を決めた宇都宮ブレックス。
チャンピオンシップに進出した場合、対戦する可能性があるチーム相手なだけに、ここはなんとしても勝っておきたい!!

GAME1.
いざ、TIP OFF!

スターティング5


川崎ブレイブサンダース
  • #7 篠山 竜青
  • #11 増田 啓介
  • #14 辻 直人
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #35 ジョーダン・ヒース
宇都宮ブレックス
  • #5 LJ・ピーク
  • #9 遠藤 祐亮
  • #18 鵤 誠司
  • #22 ライアン・ロシター
  • #40 ジョシュ・スコット



川崎ブレイブサンダースが宇都宮ブレックスに激勝!


川崎ブレイブサンダース
VS
宇都宮ブレックス
川崎ブレイブサンダース 宇都宮ブレックス
TOTAL

58

WIN!!!

57

1Q

14

リードし終える!

10

2Q

13(27)

接戦!で前半終了

16(26)

3Q

19(46)

リードを広げる!

11(37)

4Q

12(58)

接戦を制する!!

20(57)

第1Q、宇都宮ブレックス、ライアン・ロシター選手の3Pで試合が動き始める。
両チーム互いに得点を重ねていくが、川崎ブレイブサンダースがニック・ファジーカス選手、増田 啓介選手の連続得点で差を広げる。
そこから約2分ほど点が決まらず、残り2分55秒、川崎ブレイブサンダース藤井 祐眞選手がフリースローを決める。
その後、宇都宮ブレックスは比江島 慎選手の連続得点などで応戦。
しかし、川崎ブレイブサンダースも連続得点をあげ、第1Qを14-10とリードし終える。

第2Q、このQでもファーストゴールは3P。
川崎ブレイブサンダースの藤井 祐眞選手が3Pを沈める。
しかし、宇都宮ブレックスも遠藤 祐亮選手、喜多川 修平選手が連続3P。
点差を1点とされるが、篠山 竜青選手の3点プレーや辻 直人選手の3Pなど、川崎ブレイブサンダースも効率よく得点を重ねる。
終盤、宇都宮ブレックスに逆転を許すが、残り17秒、ニック・ファジーカス選手のジャンプショットが決まり、27-26と1点ながらリードし前半を終える。

第3Qに入っても両者譲らぬ熱い戦いが続く。
しかし、中盤あたりから川崎ブレイブサンダースが得点を広げ始める。
フリースローを含む3連続得点、そして点を返された後、今度は6連続得点。
46-32と点差を2桁とする。
終盤、宇都宮ブレックスが連続得点をあげるも、46-35と11点差をつけて最終Qへ。

第4Q、第3Qで11点差をつけた、川崎ブレイブサンダース。
しかしさすがは東地区優勝チーム。そう簡単には勝てせてくれない。
4連続得点で点差をあっという間に、3点まで縮められるが、今日の川崎ブレイブサンダースは粘り強かった!
第3Qのように点差を大きく広げる展開にはならずとも、リードを許さない試合展開。
残り27秒、ライアン・ロシター選手の得点で1点差まで詰め寄られるものの、逆転を許すことなく、試合終了。
見事!接戦をものにしました!!

川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手がチーム唯一の2桁得点となる、26得点の活躍でした!


川崎ブレイブサンダース VS 宇都宮ブレックス GAME2

GAME1を見事1点差で勝利した川崎ブレイブサンダース。
続・負けられない試合!

GAME2.
いざ、TIP OFF!

スターティング5


川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #7 篠山 竜青
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #33 長谷川 技
  • #35 ジョーダン・ヒース
宇都宮ブレックス
  • #5 LJ・ピーク
  • #9 遠藤 祐亮
  • #18 鵤 誠司
  • #22 ライアン・ロシター
  • #40 ジョシュ・スコット


川崎ブレイブサンダースが宇都宮ブレックスに連勝!


川崎ブレイブサンダース
VS
宇都宮ブレックス
川崎ブレイブサンダース 宇都宮ブレックス
TOTAL

75

WIN!!!

67

1Q

17

昨日に続き接戦!

17

2Q

18(35)

リードし前半終了

10(27)

3Q

24(59)

リードを広げる!

20(47)

4Q

16(75)

宇都宮ブレックスに連勝!!

20(67)


第1Q、宇都宮ブレックスが序盤、4連続得点をあげ、2-12とリードされる展開に。
しかし、川崎ブレイブサンダースは徐々に点差をつめていく。
パブロ・アギラール選手の連続得点で残り1分30秒をきったところで、1点差に。
その後、宇都宮ブレックスに得点を許し、3点差となるが、残り19秒、我らが辻 直人選手が3Pを決め、同点で第1Qを終える。

第2Q、またしてもこの男、辻 直人選手が3P。
Qをまたいでの連続3P!
そして、GAME1で大活躍のニック・ファジーカス選手が続き、連続得点。
リードを奪った川崎ブレイブサンダースは、篠山 竜青選手の3Pなどで得点を重ねていき、35-27で前半を終える。

第3Q、川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手、ジョーダン・ヒース選手を中心に得点を重ねる。
宇都宮ブレックスも遠藤 祐亮選手が3本の3Pを決めるなど、応戦するが、このQでも川崎ブレイブサンダースは点差を広げる事に成功。
59-47と12点リードで最終Qへ。

第4Q、宇都宮ブレックスは、ライアン・ロシター選手、ジョシュ・スコット選手、ジェフ・ギブス選手の外国人取トリオを中心に反撃!
それでも川崎ブレイブサンダースは落ち着いたゲーム運びを見せる。
点を取られてはしっかりと取り返し、中々点差を詰めさせない展開。
そして75-67で試合終了。
宇都宮ブレックス相手に見事連勝を飾りました!!

川崎ブレイブサンダースは、パブロ・アギレール選手の、19得点を筆頭に5選手が2桁得点の活躍でした!

川崎ブレイブサンダース、次節はアルバルク東京と対戦

見事、宇都宮ブレックスに連勝した川崎ブレイブサンダース。
チャンピオンシップ進出も決まり、この勢いのままチャンピオンシップに挑みたいところ!
次節はアルバルク東京と対戦。

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG