不定期更新中!まちめぐ!!

【2021.5.15/16】川崎ブレイブサンダース CHAMPIONSHIP 2020-21【勝手に応援】


川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ GAME1

いよいよ、チャンピオンシップが始まる。

川崎ブレイブサンダースの初戦の相手は、西地区2位の「大阪エヴェッサ」

アウェイでの試合となるがリーグ戦終盤の勢いは本物だった。
チャンピオンシップでも強い、川崎ブレイブサンダースを見せてくれ!

2勝した方がセミファイナルへと駒を進める事ができる。

大事な1戦目。
いざ、TIP OFF!

スターティング5


川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #14 辻 直人
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #34 パブロ・アギラール
  • #35 ジョーダン・ヒース
大阪エヴェッサ
  • #8 角野 亮伍
  • #13 中村 浩陸
  • #25 ディージェイ・ニュービル
  • #33 アイラ・ブラウン
  • #55 ジョシュ・ハレルソン



川崎ブレイブサンダースが初戦を制する!


川崎ブレイブサンダース
VS
大阪エヴェッサ
川崎ブレイブサンダース 大阪エヴェッサ
TOTAL

95

WIN!!!

75

1Q

18

接戦に幕開け

16

2Q

24(42)

リードし前半を終える

19(35)

3Q

28(70)

リードを広げ第4Qへ!

23(58)

4Q

25(95)

最後まで攻め続け勝利!

27(75)


第1Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

試合が動き出したのは開始、約30秒。川崎ブレイブサンダースの藤井 祐眞選手のジャンプショットから。
しかしすぐ様大阪エヴェッサも角野 亮伍選手が3Pを沈める。
その後、お互い得点を重ねる展開に。
第1Q残り、38秒。13-16の同点の場面で、川崎ブレイブサンダース線番号7篠山 竜青選手が3Pを沈める同点にするとその後、大塚 裕土選手が2本のフリースローを決め18-16とリードし第1Qを終える。

第2Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

開始早々、大塚 裕土選手が3Pを沈める。
大阪エヴェッサ角野 亮伍選手に3P返しをされるも、川崎ブレイブサンダースはジョーダン・ヒース選手、マティアス・カルファニ選手の連続得点でリードを広げる。
その後の安定した戦いを見せ、このQリードを広げる事に成功。
42-35で前半を終える。

第3Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

大阪エヴェッサのアイラ・ブラウン選手、中村 浩陸選手に連続得点を許すが、川崎ブレイブサンダースを波にのせる男、辻 直人選手が3Pを沈める。
そして、その後、辻 直人選手のスティールから最後は篠山 竜青選手選手が得点。
取られてもすぐ様取り返す流れを崩す事なく優位に試合を進めていき、70-58で第3Qを終える。

第4Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

第4Qに入り、約1分ほどで75-60とリードを15点に広げた川崎ブレイブサンダース。
そのまま大きく得点差を縮まらせる事なく試合を進める。
試合終了間際には増田 啓介選手がこの日2桁得点となる10得点目を決め95-75と20点差で見事勝利!
次戦で勝利すればセミファイナル進出とした。

川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手がチーム最多の25得点。
藤井 祐眞選手(11)、増田 啓介選手(15)、辻 直人選手(10)、大塚 裕土(12)と日本人選手4名が2桁得点を記録しました!
※( )内は得点数。



川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

シーズン終盤の勢いそのままに勝利した、川崎ブレイブサンダース。
この試合で勝利すればセミファイナル進出が決定する。
このまま一気にセミファイナル進出を決めてしまいたい!

そんな2戦目。
いざ、TIP OFF!

スターティング5


川崎ブレイブサンダース
  • #0 藤井 祐眞
  • #14 辻 直人
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #34 パブロ・アギラール
  • #35 ジョーダン・ヒース
大阪エヴェッサ
  • #8 角野 亮伍
  • #13 中村 浩陸
  • #25 ディージェイ・ニュービル
  • #33 アイラ・ブラウン
  • #55 ジョシュ・ハレルソン



川崎ブレイブサンダース勝利しセミファイナルへ!


川崎ブレイブサンダース
VS
大阪エヴェッサ
川崎ブレイブサンダース 大阪エヴェッサ
TOTAL

84

WIN!!!

73

1Q

18

第1Qは今日も接戦!

16

2Q

20(44)

リードを許し前半終了

28(38)

3Q

24(62)

逆転に成功!

13(57)

4Q

22(84)

リードを守り勝利!!

16(73)


第1Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

互いに得点を重ね合う展開が続いた第1Q。
大阪エヴェッサは昨日20得点の角野 亮伍選手がこの日も好調。
第1Qで8得点をあげる。
一方、川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手を中心に得点を重ねていく。
お互い譲らぬ試合展開だったが18-16とリードし第1Qを終える。

第2Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

昨日2桁得点を記録した大塚 裕土選手の3Pが決まる。
このまま得点差を広げていきたいところだったが、大阪エヴェッサはディージェイ・ニュービル選手が3本のフリースローを決めすぐさま取り返す。
マティアス・カルファニ選手、増田 啓介選手の連続得点で川崎ブレイブサンダースが再度リードを広げるが、大阪エヴェッサも連続得点で応戦。
第1Q同様、お互い譲らぬ試合展開が続くが、残り2分48秒ディージェイ・ニュービル選手の3Pで大阪エヴェッサがリードすると、アイラ・ブラウン選手が続く。
その後も、リードを広げられ38-44と大阪エヴェッサがリードし前半を終える。

第3Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

川崎ブレイブサンダースが強さを見せる。
じりじりと点差を詰めていくと、残り2分35秒篠山 竜青選手の得点でリードする。
その後、フリースローで同点となるが、そこから長谷川 技選手、マティアス・カルファニ選手の連続得点でリードを広げる。
62-57とし第4Qへ。

第4Q 川崎ブレイブサンダース VS 大阪エヴェッサ

藤井 祐眞選手の連続3Pなどで優位に試合を進める川崎ブレイブサンダース。
守備面もひかりリードを広げ、セミファイナルが近づく。
最後まで強さを見せ、試合終了間際にはパブロ・アギラール選手がこの日2桁得点なる3Pを沈め、84-73で試合終了。
2連勝で見事セミファイナル進出を決めました!

川崎ブレイブサンダースは、ニック・ファジーカス選手が、20得点とチーム最多得点、ジョーダン・ヒース選手が16得点、パブロ・アギレール選手と藤井 祐眞選手が10得点の活躍でした!!

川崎ブレイブサンダース、いざセミファイナルへ

見事、大阪エヴェッサに2連勝した、川崎ブレイブサンダース。
セミファイナルへと駒を進めました!!

この勢いそのままに、、、
VICTORIA(ビクトリア) –全ては勝利のために-

最新情報をチェックしよう!
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG