ほぼ毎週土曜日に更新中!まちめぐ!!

【京都府・京都市】「マールブランシュ」京都駅直結!京都タワーの見える森のカフェでオリジナルの紅茶とスイーツを堪能

【京都府京都市】京都駅直結!京都タワーの見える森のカフェでオリジナルの紅茶とスイーツを堪能

京都府京都市、京都駅直結の伊勢丹3階にあるのが、京都タワーが一望できるカフェ、マールブランシュ ジェイアール京都伊勢丹店[ロマンの森カフェ]です。

マールブランシュは、京都北山に本店をもつ洋菓子店です。京都でモノづくりをおこない、素材、技、心にこだわった洋菓子を作り上げます。
12店舗あるお店はすべて京都市内にあり、まさに京都にこだわった京都の洋菓子店です。

今回はそのマールブランシュの店舗の中で、〈森のティータイム〉をコンセプトに作られた、[ロマンの森カフェ]でオリジナル紅茶と、スイーツを堪能してきましたので、ご紹介いたします。

私とマールブランシュ

マールブランシュの外観

私が初めてマールブランシュの洋菓子を食べたのは、14年前です。当時、私の友人がマールブランシュで働いていたことがあり、その友人から、「茶の菓」という抹茶のラングドシャをもらって食べたのが最初でした。

ビックリするほど濃厚な抹茶のラングドシャのおいしさに私はビックリしました。これから県外の方への贈答用の洋菓子はすべて「茶の菓」にしよう!と思うほど衝撃を受けました。

私の衝撃が正しかったのが証明されるかのように、「茶の菓」はすぐに人気がでて今では、マールブランシュの看板、いや、京都土産の看板商品となっています。

マールブランシュのファンになった私は、その後、さまざまなケーキや焼き菓子をいただきましたが、どれも本当においしかったです。しかしここ数年は店舗に行く機会がなく、今回、久しぶりにマールブランシュに行けるということでウキウキしながらお店に向かいました。

店舗にジェイアール伊勢丹店を選んだのは、マールブランシュのカフェをいただきたかったという点と、北山の本店や、マールブランシュ発祥の山科のカフェはアクセスがあまり良くないので、京都以外の人にも共有できる機会が増えるように京都駅直結のお店を選びました

都会のオアシス!?百貨店の中で緑を楽しむ、森のティータイムカフェ

マールブランシュの内観

マールブランシュのロマンの森カフェは手作り焼き菓子やドルチェ、オリジナル京都紅茶を味わえるニュースタイルカフェです。百貨店の中に突然、森が現れたかのような緑あふれる外観と、お店の中からは、京都タワーが目の前に広がる「森」と「カフェ」と「京都」を楽しめるそんなお店です。


マールブランシュの内観

お店の至るところに木々が並び、森の中のカフェを演出。


マールブランシュのブランケット

お店には、ブランケットやお子さま椅子が常備されており、配慮を感じますね。


マールブランシュから見える京都タワー

あいにくの雨でしたが京都タワーは綺麗でした!

都会にある森カフェで食べる限定スイーツ

私がいただいたのは、ひんやりドルチェ「マル・デ・パスタ」 苺ミルクと、オリジナル紅茶です。ばっちり京都タワーが見える席を確保しました。

マールブランシュの席にある絵本

座った席にはかわいらしい絵本があり、遊び心満載の雰囲気でドルチェが来る前からウキウキが止まりません。


マールブランシュの「マル・デ・パスタ」

注文した商品が届きました。


マールブランシュの紙ナプキン

紙ナプキンもかわいい!


マールブランシュの「マル・デ・パスタ」

「まるでパスタ」のような見た目のドルチェですね。パスタのような見た目にならって、フォークとスプーンでいただきます。

たっぷりの苺ミルクのソースとパスタに見立てた寒天が絡み合って、とってもおいしい!ツルンとしたのど越しもクセになりそうです。

そして、中央にあるジェラートはこだわりの京都美山牛乳のミルクジェラート

ひんやりとした冷たさと、さっぱりとした甘みがたまりません。

そして私が一番感動したのが、ツルン、ふわっとした優しい食感の中に、ピスタチオのカリッとした食感がすごくマッチしていて、それぞれの食感をさらに引き立ててくれていたことです。これはもう手が止まりませんよ!!

そしてもう一つ、忘れてはいけないのが、こだわりのオリジナル紅茶です。こちらも最高のセレクトだったと自負しています。こちらも京都産の紅茶で、特長的な香りとすっきりとした後味が、苺の酸味とミルクジェラートの甘みとパーフェクトマッチでした。

ゆっくりとした時間を楽しもうと思っていましたが、あまりのおいしさに気づけば、紅茶もドルチェもすぐになくなっていました。

食後はジェーアール伊勢丹の地下1階でマールブランシュのギフトショップへ

マールブランシュのお土産売り場

京都クオリティを追及し、おいしさにこだわり続けるマールブランシュが生み出した今や京都土産の定番ともいえる「茶の菓」をはじめ、おもてなしの心をつめこんだ焼き菓子を購入できます。

最後に

マールブランシュの「茶の菓」

マールブランシュは1982年の創業から現在まで京都であることにこだわる「京都のほんまもん」を追求したお店です。

京都の人も観光の人もまだマールブランシュの洋菓子を食べたことがないという人はぜひこれを気にご賞味ください。

マールブランシュ店舗情報

今回のお店

【マールブランシュ ジェイアール京都伊勢丹店〔ロマンの森カフェ〕】
住所 : 〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹3階
アクセス : 京都駅直結、伊勢丹店内3階
営業時間 : 10:00~20:00(L.O.19:30)
※コロナウイルスの状況により変更あり
定休日 : なし
電話:075-343-2727
※お電話番号はお間違えないようお願い致します。
WEB : https://www.malebranche.co.jp/
備考 : 駐車場有
※ジェイアール京都伊勢丹ウェブサイトをご確認ください



この記事を書いた人

こはなライター
子ども4人を育てるママライター
以前は京都の有名洋菓子店の店長として働いていました
子どもたちが不自由しないだけのお金を稼ぐことが目標
YouTube用のシナリオや商品・サービスの紹介記事を書いています
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG