ほぼ毎週土曜日に更新中!まちめぐ!!

【茨城県・つくば市】ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの洋菓子で優雅な気持ちに

茨城県つくば市にある「みどりの」。

住宅が建ちはじめ、まだまだ新しく、これから発展が期待される地域です。

この地に店を構えたのが、パティスリーの「ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル」さん。

ヨーロッパの可愛いお店のような外観。

茶色系と白色系の落ち着いた店内カラーと、お洒落な洋菓子たち。

洋菓子を買い求めて、平日でも次々とお客さんが訪れています。

今回は、この地に根づき、親しまれている「ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル」さんをレポートします!

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルはお洒落な洋菓子が揃うパティスリー

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルのショーケースに並ぶケーキ

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんは、チョコレート、プチケーキ、ホールケーキ、タルトケーキ、クロワッサン、焼き菓子などが買えるパティスリー!

色使いやトッピングが上品で、どこか大人な雰囲気の洋菓子たち。

食べてみると、ほんのりと甘酸っぱさがあったり果物の風味があったり、見た目にも味にも工夫や丁寧さを感じます。

たくさん着飾っているわけではないのに、見た目も味もお洒落。

そんな洋菓子たちが優雅な気持ちにさせてくれます。

お誕生日やクリスマスなどのイベントはもちろん、ギフト、お土産、そして自分へのご褒美にオススメですよ。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんの洋菓子メニュー

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルのメニュー

どれも美味しそうに見えますが、ただ美味しそうに見えるだけでなく、食べてみたい!と好奇心をくすぐります。

どのチョコレートにしようか、どのケーキにしようか迷ってしまいますが、商品ごとに味や素材の説明書きがあるので、読みながら選ぶことができます!

今回の訪問で、選んだ洋菓子を紹介していきます。

上品な出で立ちのチョコレートたち

店内に進むと、ショーケースに並ぶチョコレートが目に入ります。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルのショーケースに並ぶケーキ

鮮やかな色でプリントしているチョコレート、ツヤツヤしているチョコレート、線が描かれたチョコレート。

同じ味でも一つ一つ、色味、柄、線の入りかたが微妙に異なっていて、まったく同じものはありません。

食べるのがもったいないとも思ってしまうほど、一つ一つ丁寧に、大切に作られていることがわかる上品な出で立ちです。

どれも、どんな味がするのか気になるけれど、店員さんに「これと、これと、これをお願いします!」と一声。

今回は、4種類のチョコレートを選びました。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの「ミルティーユ」と「ラフランス」

写真左は、ボコボコした形が気になり選んだ「ミルティーユ」という名のチョコレート。

写真右の「ラフランス」は、グラデーションがかったグリーンの色が爽やかで目を惹きました。

どちらもミルクチョコレートに、「ミルティーユ」はブルーベリー、「ラフランス」は洋梨の味が効いていて、甘酸っぱさが口に広がります。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの「パシオン」と「抹茶」

写真右は、植物のプリントが可愛い「パシオン」

“南国を想わせる”と商品の説明書きにあるのを見て、南国気分を味わいたい!と選びました。

一口食べると、まさに南国をイメージさせる果物の味が登場して、チョコレートと合います。

写真左は「抹茶」

純粋にラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんの抹茶チョコレートが食べてみたくなり選びました。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんのチョコレートは濃厚さもありますが、しつこさは感じず、4個をぺろっと食べてしまいました。

「一個いくら」という、私には高級なチョコレート。

それでも、贅沢な気分になりたいとき、自分にご褒美をあげたいとき、少し背伸びして買ってしまいます。

お洒落で大人な雰囲気を醸し出すケーキ

チョコレートの隣のショーケースには、プチケーキが並びます。

桃みたいに可愛い色をしていたり、ツヤツヤしていたり、上品なトッピングがされていたり、どれもとにかくお洒落!

いつも「あのケーキはどんな味がするのかな?」「なかに何が入っているのかな?」と興味津々に見入ってしまいます。

そして、今回選んだのは2種類です。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの「フォレノワール」と「アニス」

写真右は新作ケーキの「フォレノワール」

ケーキの上に赤い果物のような装飾が乗っていて、見た目が斬新。

食べてみると、果物のような装飾はチェリー味のムースで出来ていました。

ムースの甘酸っぱさとチョコレートがお互いを引き立てています。

写真左の「アニス」は、モフっとした見た目が、なんだか可愛く美味しそうに見え、どんな味がするのかな?と選びました。

口溶け軽いチョコレートムースの中に酸味があり、ほどよい甘さなので、あっという間に1つ食べてしまいましたよ。

次回は、気になる「ティラミス」、カカオの実の形をした「ガトーフェルモ」も食べてみたい!

今回も選ぶことを躊躇するくらい素敵なケーキが並んでいましたよ。

ホールケーキのメニューは、事前にご予約することをオススメします。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルのホールケーキ

写真右、白色のお花をイメージした装飾が印象的な「ローレル」は以前購入したことがあります。

白色のお花がテーブルの上を可愛く彩ってくれました。

優しい味の焼き菓子

ケーキのショーケースの上にはタルト、カヌレ、クロワッサンがあり、今回「カヌレ」を購入。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの「カヌレ」

一口食べたとき、表面がカリカリしていて、思わず「美味しい!」と言ってしまいました。

絶妙に、ほどよい甘さで美味しいんです。

次回訪問のときも、またカヌレを買いたい!と思うほど、お気に入りメニューになりました。

ケーキの向かい側に、クッキー、マドレーヌ、フィナンシェ、パウンドケーキなどが並んでいます。

今回選んだのは、2種類。


ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの「パウンドショコラ」と「マドレーヌ」

写真右の「パウンドショコラ」

ほんのりとチョコレート味の生地に、時々チョコレートの粒が入っていて、ほどよい甘さと食感です。

写真左の「マドレーヌ」は、ほんのりとバターの味。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんの焼き菓子は、優しい味でコーヒーや紅茶とよく合います。

おやつにもピッタリです。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんへの行き方

それでは、ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルさんへの行き方をご案内します。

電車やバスを利用する場合、つくばエクスプレス「みどりの駅」からバスに乗り、「飯田」下車、徒歩8分です。

お車での訪問の場合、谷田部インターから5分、県道19号線沿いにあります。

アパートを挟んで、40台ほど停められる駐車場があり、駐車スペースには困りません。

駅からはそんなに近くないですが、比較的見通しの良い道路沿いにありますよ。

洋風の建物が目印です。

洋菓子は、夕方などあまり遅い時間に行くと、売れてしまい種類がないこともありますので、訪問は朝やお昼前後が良いです。

また、季節によってメニューが変わることもありますのでご注意くださいね。

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル店舗情報

ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルの外観


今回のお店

【ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル】
住所 : 〒305-0883 茨城県つくば市みどりの東21-13
営業時間 : 10:00 ~ 19:00
※コロナウイルスの状況により変更有。
定休日 : 毎週水曜日
WEB : https://riviere-de-sable.com/

この記事を書いた人

errrikoooライター
街の魅力を発信できる人になりたい!という気持ちと、パソコンをかかえてライター業へ。
街を散策、開拓しながら記事にしていきたいです。
>色々募集中!

色々募集中!

ライターさんやモデルさんなどなどまちめぐでは色々と募集をしています! お力を貸していただける方! 是非とも一度ご応募ください!

CTR IMG